ALFA ROMEO GTV6 2.5
 アルファ6用に新規開発されたV6エンジンがアルフェッタGT
にも搭載され、1980年秋にGTV6としてデビューしました。  
なおこのモデルからは伝統の’アルフェッタ’というネーミングが
消え、単なる’アルファロメオGTV6’となりました。搭載された
オールアルミ製V6エンジンは、アルファ6用に開発されたもの
で、SOHC2492ccから市販車で160hpを発揮しました。吸
排気バルブはアルファ伝統のDOHCではありませんが、カム・
シャフトの駆動方法に新機構を取り入れ、吸排気効率を高めた
高性能エンジンです。                        
 アルファロメオのコンペティション部門であるアウト・デルタは、
このGTV6でツーリングカー・レースにワークス参戦し、1982
年から85年まで4年連続でETCクラス優勝を獲得し大成功を
収めました。                              
 一方、ラリー仕様については、アウト・デルタでは直接開発を
行わず、プライベーターへの部品供給のみとなりましたが、豊
富なチューニング・パーツによりエンジンは240hpにパワー・ア
ップされ、ターマック・ラリーでは侮れない活躍をみせました。 
 特に活躍したのはフランスのGEMAレーシング・チームによる
もので、フランス国内ラリー選手権を中心に参戦し、WRCツー
ルド・コルスでは1984年から86年にかけて、イブ・ルーべのド
ライブにより上位入賞を果たしています。             
 当時の国際ラリーはグループB全盛期であり、GTV6などの
グループAマシーンは、クラス優勝を狙って各メーカーが様々な
車種で参戦していました。ところが、1986年シーズン中にドラ
イバーや観客が死傷する事故が多発したことから、急遽FIAは
翌1987年からグループBを廃止し、グループAをトップ・カテゴ
リーとすることを決定しました。                   
 これを機にFIAは、グループAのホモロゲーション再査察を実
施しましたが、この際にGTV6はクーペ・ボディの車室容積が規
定違反と判断され、国際ラリーへの参戦が出来なくなってしま
いました。これを受け、GEMAレーシングは急遽GTV6とパワ
ートレーンが同じアルファ75V6にパーツを組み込んでマシー
ンを製作し、ラリー活動を継続しました。              
 アルフェッタ譲りの足回りに洗練されたV6エンジンを搭載した
魅力溢れるGTV6ですが、1986年で生産を終了し、アルファ
ロメオのライン・アップから、クーペがしばらく消えることとなりま
した。
GALLERY
1983
GTV6 2.5/Gr.A
SAFARI RALLY No.15
1985
GTV6 2.5/Gr.A
TOUR DE CORSE No.23
1986
GTV6 2.5/Gr.A
TOUR DE CORSE No.14


KIT LIST
CAR
Gr.
YEAR/
EVENT
DRIVER/
CO-DRIVER
CAR
TEAM/
SPONSOR
RESULT
KIT MAKER/
KIT No.
DECALE
GTV6 2.5
1983
SAFARI
S.Munari/
I..Street
15
FLOWER'S 
PARADISE
RETIRED
SC MODEL
SC66
GTV6 2.5
1985
TOUR DE CORSE
Y.Loubet/
J.B.Vieu
23
GEMA RACING
5
PROVENCE 
MOULAGE
GTV6 2.5
1986
TOUR DE CORSE
Y.Loubet/
J.M.Andrie
14
GEMA RACING
ROTHMANS
3
TRON
P134
GALLERY TOP / MENU