FORD FIESTA
 ヨーロッパ・フォードは1976年6月、小型大衆車部門の世界
戦略車としてフィエスタをデビューさせました。基本的な構成は
ルノー5やフィアット127、VWゴルフと同様に3ドア・ハッチバ
ック・ボディーの前輪駆動車で、エンジン・ギアボックスが同軸
に配されたダンテ・ジアコーサ式を採用しました。ただしエンジ
ンはコスト面から、旧来のケント・ユニットに手を加えたクロスフ
ロー直4OHVを搭載し、デビュー当時は957cc(45hp)と11
17cc(53hp)の2種が用意され、翌1977年には最上級グレ
ードに1298cc(57hp)が搭載されました。           
 フォードの思惑通りフィエスタは大ヒットし、更なるイメージ・ア
ップを図るため、モータースポーツにも投入され、女性ドライバ
ーを対象としたワンメイク・レース等が行われました。また英国
ボアハムのファクトリーでは1592ccユニットを搭載した北米仕
様のフィエスタをベースにラリーカーが製作されました。グルー
プ2仕様のエンジンは150hpまでチューンアップされ、1979
年WRC開幕戦のモンテカルロ・ラリーでデビューしました。  
 結果は出場した2台共完走を果たしましたが、エンジン・パ
ワーの不足やタイヤのグリップ不足など様々な問題が露呈し、
WRCへの参戦はこの1戦のみに終わりました。その後、エン
ジンのパワー不足を補うべく、ケント・ユニットからエスコートと
同様のBDAユニットを搭載したプロトタイプが製作され、実戦
テストが行われましたが、この頃はまだハイパワーFF車のノ
ウハウが少なかったため、熟成には至りませんでした。また、
エスコートのボンネットとフィエスタのキャビンを合体させてFR
駆動とし、ギア・ボックスをリアに配してトランス・アクスルとし
た’FIESCORT’というプロトタイプも製作されましたが、これも
実用には至りませんでした。                    
 小型大衆車として大成功を収めたフィエスタですが、ラリーフ
ィールドにおいては、様々な試みがなされたものの結局失敗
作に終わりました。
GALLERY
1979
FIESTA 1600 Gr.2
MONTECARLO RALLY No.15


KIT LIST
CAR
Gr.
YEAR/
EVENT
DRIVER/
CO-DRIVER
CAR
TEAM/
SPONSOR
RESULT
KIT MAKER/
KIT No.
DECALE
FIESTA
2
1979
MONTECARLO
R.Clark/
J.Porter
15
UFICIAL
13
JEMMPY
106
GALLERY TOP / MENU