1985 TOUR DE CORSE No.10
PORSCHE 911 SC RS
1985 TOUR DE CORSE No.10
driver/co-driver:B.Beguin/J.J.Lenne
team:Prodrive      sponsor:Rothmans
result:3th
base kit:RACING43 S031
decal:
scale:1/43 material:METAL
 1985年WRCツールド・コルスにおいて3位に入賞したポルシェ911SCRSです。ポルシェはグループB施行にあ
わせ、911SCのホモロゲーション・モデルとしてボディの軽量化などを施した911SCRSを20台製作しました。   
ただし、パワートレインは従来と同様のRWD300ps程度であり、WRCにおいてアウディ・クアトロやランチア・ラリー
037と競えるマシーンでは無かったことから、ワークスによるラリー参戦は行われず、プライベーターへのマシーン供
給のみに止まりました。ただし、ポルシェはパリ〜ダカール・ラリーなどの耐久型イベント用の4WDマシーン開発に
ついては積極的で、911プロトタイプを経て純粋なグループBマシーンである959が後にデビューしました。       
 911SCRSの供給を受けたチームの1つに、英国のプロドライブがありました。プロドライブは、ナビゲーターとして
アリ・バタネンの1981年WRCチャンピオン獲得を導いたデビット・リチャーズが1984年に設立したチームで、最初
のマシーンがこの911SCRSです。初年度はドライバーにH・トイボネンとS・アルハジリを擁し、ヨーロッパ選手権や
中東選手権などのローカル・イベントを中心に参戦しました。ローカル・イベントにおいては、基本性能の高い911SC
RSは好成績を挙げ、トイボネンはコスタ・スメラルダやミル・ピステなどで優勝してERC年間ランキング2位を獲得し
アルハジリもマデイラやオマーンなどで優勝を飾り中東選手権を制しました。                       
 翌1985年はトイボネンがランチア・ワークスに抜擢されたため、英国人のビリー・コールマンとフランス人で長年
の”ポルシェ使い”であるベルナール・ベギンがドライバーに加わり、前年同様ローカル・イベントを中心に参戦しまし
た。スポットでWRCツールド・コルスやアクロポリスにも出場し、このうちツールド・コルスでは、A・ベッテガのアクシ
デントによるランチア・チーム撤退にも助けられ、B・ベギンが3位、B・コールマンが4位入賞を果たしました。     
 プロドライブによるラリー活動はその後、マシーンを911SCRSから英国製グループBマシーンMGメトロ6R4にス
イッチし、グループB廃止後はBMW M3でターマック・ラリーを中心に参戦し、1987年WRCツールド・コルスでは
B・ベギンが見事優勝を飾りました。1990年代に入ると富士重工からラリー活動を託され、現在に至るまでトップ・チ
ームとして活動を続けています。                                                 
 モデルはレーシング43のメタル・キットを組んだものです。ボディの印象は、グループ4仕様のSCよりもSCRSの
方がすっきりとした感じです。製作についてはいつもの通りの素組みで特記すべきことはありませんが、この個体は
ウインドウの収まりが悪く、見苦しい仕上がりとなってしまいました。仮組みをキチンと行えば良かったのですが・・・
PORSCHE 911 SC/SCRS TOP / GALLERY TOP
/ TOUR DE CORSE