1973 MONTECARLO RALLY No.20
FORD ESCORT MkT RS1600 Gr.2
1973 MONTECARLO RALLY No.20
driver/co-driver:H.Mikkola/J.Porter
team:FORD MOTORSPORT             sponsor:
result:4th
base kit:PROVENCE MOULAGE K579
decal:
scale:1/43 material:REZIN
 1973年から制定された世界ラリー選手権(WRC)の初戦、モンテカルロ・ラリーに出場したフォード・エスコートで
す。エスコート(MkT)RS1600は1971年にデビューし、ワークス・マシーンには1791ccから210hpを発揮する
強力なBDAエンジンが搭載されていましたが、年々パワーアップが進むライバル勢に対抗するため、1973年のマ
シーンには排気量を1993ccにアップした230hp仕様のエンジンが搭載されました。                  
 このモンテカルロ・ラリーにフォードは、ティモ・マキネン/ヘンリー・リドン(No.3)とハンヌ・ミッコラ/ジム・ポータ
ー(No.20)の2台のワークス・マシーンを投入しました。                                   
 この年のモンテカルロは、初日のステージこそドライ・コンディションで行われましたが、その後は吹雪となりステー
ジ・キャンセルやトラブルが多発し、ラリーは混乱の中で進められました。ドライ・コンディションの初日は、パワフルな
エスコートを駆るH・ミッコラが首位に立ちましたが、吹雪でコースが埋もれてくると地元アルピーヌ勢が本領を発揮し
結局J・C・アンドリューを先頭にアルピーヌ勢が1〜3位を独占し、H・ミッコラが4位、R・クラークが11位という結果に
終わりました。                                                            
 モデルはプロバンスムラージュのレジン・キットを組んだものです。原型はかなり古いキットですが、迫力あるオーバ
ーフェンダーなど実車の特徴をとても良く捉えています。製作にあたっては、いつもの通りライト類を削って透明レジン
や別売パーツに置き換えたり、キャッチ・ピンやドア・ノブをタメオやFDSなどの別売パーツに置き換えるなど細部のデ
ィテール・アップを施しました。また、車内にはロール・ケージやシート・ベルト、サン・バイザーなどの追加を行ってい
ます。ボディのブルーの部分はキットのデカールを使用しており、フェンダー廻りなどうまく馴染まなかったため、あちこ
ちタッチアップしていますが、色がうまく合わずにトホホな出来になってしまいました。横着しないで塗り分けるべきで
したね・・・出来に不満な部分もありますが、全体の佇まいがとてもカッコ良く、お気に入りの1台になりました。
FORD ESCORT MkT TOP / GALLERY TOP
/ MONTECARLO RALLY