1983 SAFARI RALLY No.2
OPEL ASCONA 400 Gr.B
1983 SAFARI RALLY No.2
driver/co-driver:A.Vatane/T.Harryman
team:ROTHMANS OPEL TEAM  sponsor:ROTHMANS
result:WINNER
base kit:RACING43 RK60
decal:TRON P80
scale:1/43 material:METAL
 1983年のWRCサファリ・ラリーにおいて、その耐久性の高さを発揮し、純グループBカー軍団を抑えて見事優勝
を飾ったオペル・アスコナ400です。ドライバーは1981年にフォード・エスコートでWRCドライバーズ・タイトルを獲得
したアリ・バタネンで、前年のRACラリーからロスマンズ・オペル・チームに移籍していました。             
 オペルのファクトリーは、純グループBマシーンとしてマンタ400の開発を進めていましたが、ホモロゲーションの取
得に手間取り、1983年シーズン当初は暫定的にアスコナ400を投入しました。ドライバー陣はアリ・バタネンとヘン
リ・トイボネンという豪華な顔ぶれでしたが、アウディ・クアトロやランチア・ラリー037などのグループBマシーンには
歯が立たず開幕戦モンテカルロは5・6位、スウェーディッシュはA・バタネンが6位という結果に終わっていました。 
 迎えたWRC第4戦サファリ・ラリーには、A・バタネンとベテラン、ラウノ・アルトーネンの2台がエントリーしました。
一方、ライバル・チームはサファリ5連覇を目指す日産が240RSを多数投入し、サファリ初挑戦のアウディもハンヌ・
ミッコラとミッシェル・ムートンの2台を、その他スバルも多数の4WDレオーネを出場させて優勝を狙いました。    
 ラリーの展開はトップが目まぐるしく入れ替わり、序盤はH・ミッコラのクアトロがリードしましたが、ウォーター・ポン
プのトラブルにより大きく後退し、代わってM・ムートンのクアトロがトップに立ちました。その後はM・ムートンもトラブ
ルにより後退し、日産勢のティモ・サロネン、5連覇を狙うシェカ・メッタ、そしてビック・プレストン・ジュニアが相次いで
トップに立ちましたが、ラリー終盤に日産勢はエンジン・トラブルにより全滅してしまい、トップに立ったのは大きなトラ
ブルも無く走り続けていたA・バタネンのアスコナ400でした。序盤のトラブルにより大きく遅れていたH・ミッコラが猛
追を見せましたが、結局A・バタネンが逃げ切り、オペルにサファリ初優勝をもたらすと共にアスコナ400の有終の美
を飾りました。なお、A・アルトーネンのアスコナ400はエンジン・トラブルによりリタイアしています。          
 モデルはレーシング43のメタル・キットにトロンのサファリ仕様のパーツを組み込んだものです。レーシング43のキ
ットにはサファリ仕様のデカールが付属していますが、アニマル・ガードやウイング・ランプ、グラベル仕様のタイヤな
どのパーツは入っていませんので、トロンのサファリ仕様のキットから流用しました。なお、トロンのアスコナ400はボ
ディが丸味を帯びていて実車のイメージとは異なるため、レーシング43のキットと2個1にしてみました。製作にあた
っては、ロール・ケージの自作やマフラーのメッキ・パイプ化など定番の小加工を施しています。            
 アスコナ400は個人的に大好きなマシーンなので、WRC最後の優勝を飾ったモデルをコレクションに加えられて
嬉しく思います。
ASCONA 400 TOP / GALLERY TOP
/ SAFARI RALLY