1980 TOUR DE CORSE No.9
PORSCHE 911 SC Gr.4
1980 TOUR DE CORSE No.9
driver/co-driver:J.L.Therier/M.Vial
team:ALMERAS      sponsor:ESSO
result:WINNER
base kit:TAMIYA 24328
decal:RENAISSANCE TK24/303
scale:1/24 material:PLASTIC
1980年のWRCツールド・コルスにおいて、セミ・ワークスながら優勝を飾ったポルシェ911SCです。ドライバーは
当時トヨタのワークス・ドライバーを務めていたジャン・リュク・テリエで、トヨタがエントリーしなかったこのラリーにアル
メラス・チームのポルシェを託され出場しました。                                        
 この年のツールド・コルスにはフィアット、日産そしてルノーが5ターボのWRCデビュー戦としてワークス参戦しまし
た。一方、ポルシェ・ファクトリーのサポートを受け、フランス国内ラリー選手権を中心に参戦していたアルメラス・チー
ムは、ジャン・リュク・テリエ(No.9)とアレイン・クーパー(No.10)の2台体制で打倒ワークスを目指しました。  
 ラリーはジャン・ラニョッティの新鋭ルノー5ターボのリードで始まりましたが、トラブルやアクシデントによりワークス
勢は次々とリタイアし、上位陣で残ったのは2位に入賞したフィアット131アバルトのワルター・ロールのみとなり、大
きなトラブルも無く快走を続けたJ・L・テリエが優勝を飾り、A・クーパーも3位に入賞しました。             
 なお、J・L・テリエは1982年までアルメラス・ポルシェでWRCにスポット参戦し、1982年以降はルノーのワーク
ス・ドライバーとして国内ラリーを中心に活躍し、耐久イベントのパリ・ダカール・ラリーにも出場していましたが1985
年の同ラリーにおいて瀕死の重傷を負い、ドライバーとしてのキャリアを終えています。                 
 モデルはタミヤのポルシェ934ターボのプラ製キットにREJI製のダック・テール・タイプのリア・カウル、ルネッサン
ス製のデカールやエッチング等を組み込んだものです。ホイールもREJI製のESCI用トランス・キットのものを取り付
けました。その他、製作にあたってはオーバーフェンダーをリベット止めにしたり、マフラーを2本出しに変更するなど
の小加工を施し、フロントのライト・ポッドはハセガワ製ストラトスのものに自作のカバーを取り付けました。また、車高
も前後共に2mm程度上げてサーキット仕様からラリー仕様に変更しています。                      
 タミヤ製プラ製キットを久々に組みましたが、パーツのフィッティング等全体的に精度が高て作り易く、気持ち良く製
作することが出来ました。
PORSCHE 911 SC/SC RS TOP / GALLERY TOP
/ TOUR DE CORSE